遠心加速度試験機

CTシリーズ

CTシリーズ

遠心加速度試験機は、アームや円板を高速に回して、回転中心から離れた位置に取り付けた供試体(加速度センサなどの搭載物)に遠心加速度を与えます。
中心からの距離と回転速度を変えることで、与える遠心加速度が変えられます。

加速度試験に最適

加速度センサや加速度センサを組み込んだ製品の性能試験や比較試験に適しています。また、自動車、航空機、ロケットなど、加速度が加わる環境下で使用する電子部品の性能評価にもお使いいただけます。

スリップリングの組み込み(オプション)

スリップリングの組み込みで、供試体(搭載物)への電源供給や信号出力が可能になります。

簡単操作

PCから、添付のWindows操作プログラムを使って、遠心加速度、回転速度、回転時間などを設定するだけで、簡単に操作できます。

通信プロトコルの公開

遠心加速度試験機とPC間の通信プロトコルは公開しているので、お客様の作成されたプログラムに組み込んで操作することが可能です。

カスタムメイド

供試体の質量と与える加速度をご連絡いただければ、お客様の試験に合わせた遠心加速度試験機をご提案いたします。


●機種毎の仕様

型名 CT-02-50G CT-02-100G CT-02-300G
最大遠心加速度 50G 100G 300G
回転中心からの位置 124mm 140mm 268mm
最大速度 600r/min 800r/min 1,000r/min
最小速度 1r/min
最大搭載質量 (*1) 2kg
速度安定性 速度変動±0.5r/min以下
電源電圧 三相AC200V


型名 CT-10-20G CT-10-50G CT-10-100G
最大遠心加速度 20G 50G 100G
回転中心からの位置 50mm 124mm 140mm
最大速度 600r/min 600r/min 800r/min
最小速度 1r/min
最大搭載質量 (*1) 10kg
速度安定性 速度変動±0.5r/min以下
電源電圧 三相AC200V


型名 CT-30-20G CT-30-50G CT-30-100G
最大遠心加速度 20G 50G 100G
回転中心からの位置 50mm 124mm 140mm
最大速度 600r/min 600r/min 800r/min
最小速度 1r/min
最大搭載質量 (*1) 30kg
速度安定性 速度変動±0.5r/min以下
電源電圧 三相AC200V
(*1) 高速回転を行うので、回転中心において正確に重心バランスをとる必要があります。供試体と治具等を合計した質量が1kgの場合、反対側の同じ位置に1kgのカウンターウエイトを載せます。この時、両方を合計した質量が最大搭載質量を超えないように選定してください。

●操作プログラムの仕様

遠心加速度ドライブ 供試体の回転中心からの距離、遠心加速度、回転方向を指定してドライブする。ドライブ中に加速度を変更できる。
速度ドライブ 速度と回転方向を指定してドライブする。ドライブ中に速度を変更できる。
コマンドドライブ 遠心加速度ドライブ、速度ドライブ、停止時間などのコマンドを記述したファイル(CSVフォーマット)を読み込み、その内容を順に実行する。
指定時間毎に遠心加速度や速度が変更する、自動運転を実現する。
その他の設定機能 連続回転時間の設定
ステータス表示 現在の遠心加速度と速度を表示する。動作状態などのメッセージを表示する。
ログファイル機能 運転データ(遠心加速度と速度)をファイルに書き込む機能。
PCとの通信 RS-232C(付属のシリアルUSB変換器を使ってPCのUSBコネクタと接続できる。)
対応OS Windows10(32/64bit), Windows8.1(32/64bit), Windows7(32/64bit)

●オプション

スリップリング ・回転中心にスリップリングを組み込むことで、供試体への電源供給と、供試体と固定側装置間の信号接続を実現します。
・スリップリングの極数:2, 6, 8, 10 (1A/極)
安全カバー ・遠心加速度試験機の周囲を覆う、安全対策用カバー。
・側板および天板はポリカーボネートパネルで中が見れる。
・底板はアルミ板で遠心加速度試験機が固定できる。
・扉が開いているときは回転できないインターロック機構付き。
緊急停止スイッチ ・手元で素早く停止させるためのスイッチボックス。
 (電源を遮断する非常停止スイッチは、危険なので使用しない。)
PAGETOP▲