船舶動揺安定装置

SSシリーズ

SSシリーズ

船舶に載せた機器は、船の横揺れや縦揺れにより水平が保てません。船舶動揺安定装置は、船の揺れを高性能な姿勢センサで検知し、機器を載せたプレートをモータで動かして水平を保ちます。
衛星追尾アンテナ、監視カメラ、サーチライト、センサ、計測機器など安定性が重要な機器を載せるのに最適です。

姿勢センサによる動揺安定制御

内蔵した高性能姿勢センサ(慣性センサ)が船舶の傾きを計算し、このデータを元にモータを動かし水平を保ちます。中型船や大型船の大きな揺れを低減します。

2軸タイプと3軸タイプ

船の横揺れ(ローリング)と縦揺れ(ピッチング)を抑える2軸タイプ(SS2)と、方位(ヨー)方向にも動かせる3軸タイプ(SS3)をラインナップ。
3軸タイプの方位制御は、船舶のジャイロコンパスなどから方位データをもらうことで、船が進行方向を変えても同じ方向(例えば静止衛星の方向)を向き続けるようにします。また、方位はマニュアル操作で動かすことも可能です。

船舶搭載に適した耐環境性を実現

暴露部(甲板上)に設置できる優れた耐環境性を実現。また、キャビン内設置にも対応します。

カスタムメイド

搭載機器の寸法・質量、設置場所、用途に合わせた動揺安定装置をご提案いたします。


型名 SS2 SS3
ピッチ動作範囲 ±20deg 程度 ±20deg 程度
ロール動作範囲 ±30deg 程度 ±30deg 程度
ヨー動作範囲 なし スリップリングなしタイプ:±160deg 程度。
スリップリング組込タイプ:±∞deg(360degエンドレス)
最大搭載質量 お客様の搭載機器に合わせた質量
姿勢センサ 高性能タイプ:直交3軸に配置した光ファイバージャイロとサーボ加速度計を搭載
標準タイプ:3軸振動ジャイロと3軸加速度計を搭載
安定性能 高性能タイプ:比較的大きな船舶(500トン以上)の場合、
周期10秒で振幅±10degの揺れを±1deg以下に抑える
標準タイプ:比較的大きな船舶(500トン以上)の場合、
周期10秒で振幅±10degの揺れを±2deg以下に抑える
ブレーキ 電源が入っていない時は、ブレーキが効いて動かない
PAGETOP▲