カメラデータ収集器

CDC-500

CDC-500

カメラデータ収集器は、パン、チルト、ズーム、フォーカスのエンコーダパルスを、映像の垂直同期信号のタイミングで読み込み、シリアル送信します。
実写とCGのリアルタイム合成に威力を発揮します。

バーチャルスタジオや画像計測に最適

三脚雲台センサやレンズセンサのエンコーダデータで、カメラの向いている方向や画角がわかります。エンコーダデータをバーチャルスタジオシステムのプロトコルに変換して通信するのが、カメラデータ収集器の機能です。カメラデータ収集器”CDC-500”は、バーチャルスタジオでCGと実写映像のリアルタイム合成に使われる他、画像計測、運動体の軌道解析にもお使いいただけます。

小型軽量

小型軽量で、カメラ、三脚、ペデスタルなどに取り付けられます。(三脚取付ベルトを付属しています)

豊富なオプション機能

パルス出力機能付レンズのエンコーダパルスを読み込む、入力チャンネル数を8チャンネルに増やす、通信をLANに変更する、タイムコードを読み込むなどのオプション機能も用意しています。

エンコーダパルス パン、チルト、ズーム、フォーカス 4ch
リファレンス SDおよびHDの垂直同期信号(切替スイッチ付)
SD:BB(VBS)、HD:3値SYNC(Y)
送信形式 RS-422およびRS-232C (両方とも出力)
送信間隔 垂直同期信号に同期した間隔。NTSCの場合、1/59.94秒間隔。
送信フォーマット RADAMECフォーマット(標準)、NHKフォーマット
電源 DC12V(9V~16V) 最大10W (エンコーダ用5V出力付)
寸法 W156xH67.3xD138 mm
質量 1.2kg
PAGETOP▲