レンズセンサ

LDD

LDDシリーズ

レンズセンサは、レンズのズームとフォーカスの位置を、高分解能ロータリエンコーダで高精度に検出します。細かなズーム操作やフォーカス操作による画角の変化を見逃しません。

高分解能

ズームの端から端まで40,000パルス以上、フォーカスの端から端まで60,000パルス以上と高分解能。

どのレンズにも取付可能

ズーム・フォーカスリングがギヤタイプなら、どのレンズにも取り付け可能。

ノンバックラッシ

ロータリエンコーダをレンズに取り付けるギヤにノンバックラッシタイプを採用し、不感帯をなくしました。

ラインナップ

ロータリエンコーダの取り付けが「ズーム」、「ズームとフォーカス」、「ズームとフォーカスとアイリス」の3タイプをラインナップ。目的に合わせて選べます。

バーチャルスタジオに最適

カメラデータ収集器を介して、バーチャルスタジオに画角と焦点距離の変化を伝えます。


●ラインナップ

型名 エンコーダ数 電源
LDD-Z 1 (ZOOM) DC5V±10% MAX 60mA
LDD-ZF 2 (ZOOM, FOCUS) DC5V±10% MAX 120mA
LDD-ZFI 3 (ZOOM, FOCUS, IRIS) DC5V±10% MAX 180mA


●主な仕様

分解能 ZOOM 40,000~50,000 パルス (4逓倍)
FOCUS 60,000~90,000 パルス (4逓倍)
IRIS 45,000~55,000 パルス (4逓倍)
センサ 光学式ロータリエンコーダ (CE対応)
出力回路 オープンコレクタ
出力相 A, B, Z (Z相は基準位置として使用する)
出力形態 矩形波
寸法・形状 レンズ型式毎に異なる(レンズ型式毎の最適設計)
質量 400g~600g
付属品 レンズセンサケーブル(2m)
注意事項 ロータリエンコーダは、衝撃に弱い精密部品です。
使用中は無論のこと、運搬中、保管中も転倒させたり、衝撃を加えたりしないで下さい。
PAGETOP▲